レスポンシヴ+スタイリッシュWebデザイン

KOGMA WORK

ノーカラムWebデザインはサイドバーがないためコンテンツ自体を強くアピールできるのが特徴で、最近の不動産サイトでも普及し始めています。

しかし情報をサイドバーに表示したいなどの事情を考慮してドロワーメニュー機能を搭載しました。Gutenbergにも対応しており、管理画面から入力したコンテンツとほぼ同じ状態でサイトにアップされます。

Gutenbergの機能に合わせてランディングページ専用のテンプレートも用意しましたので新築物件など特に強くアピールしたい物件が定期的にある場合はとても役に立つと思います。

トップページアイキャッチ部分は、Kogmaテーマが採用しているjQuery無しで動くSwiperスライダーかヘッダー画像を選ぶことができます。ヘッダーのロゴ、電話番号、スライダー、ヘッダー画像はすべて管理画面から設定が可能です。

当然ながらレスポンシヴ対応で、モバイルでの表示時には、電話反響が増えるようにサイトの最下部にすぐにコールできるボタンと物件サーチのボタンを設置しました。

そしてSEO面で重要といわれるパンくずは、schema.orgを使った記述を行っており、Googleの構造化データテストもクリア。

Kogmarketは、多機能なレスポンシヴ+スタイリッシュWebデザインです。

『魅力ある不動産サイトの実現』をコンセプトに開発いたしました。