レスポンシヴ+ノーカラム Webデザイン

KOGMA WORK

Webデザインは世の中で利用されているデバイスと検索エンジンによって変化しています。デスクトップPCが主流の時代は、左右サイドバー真ん中にコンテンツがある『3カラムのWebデザイン』が人気でした。その後3カラムから、サイドバーとコンテンツの『2カラムのWebデザイン』に移り変わり、現在は、スマートフォンやタブレットの横幅を考慮したレスポンシブレイアウトと相性の良いサイドバーのない『ノーカラムWebデザイン』が急速に普及しています。

ノーカラムWebデザインはサイドバーがないためコンテンツ自体を強くアピールできるのが特徴で、最近の不動産サイトでも普及し始めています。

さらに2018年3月27日、モバイルファーストインデックスを本格始動したことを、Googleが公式発表しました。今後は、Googleの検索結果順位を決める評価にPC版のサイトではなくモバイル版のコンテンツが使用されます。またモバイルサイトには、パソコン用サイトと同じコンテンツを含める必要がありますのでますますレスポンシヴWebデザインが重要視されていきます。

KOGMAテーマは、今後の検索エンジンの変化やデバイスにあわせて開発したレスポンシヴ+ノーカラムを採用した次世代の不動産プラグイン専用テーマです。

『お部屋を探すお客様にストレスを感じさせない』ゆったりとしたデザインを目指しています。